もしお墓を購入しようと考えているのでしたら、とにかくまずはインターネットで情報収集をすることが大事です。
他人がそのお墓を利用してどのように思っているのかなどの口コミ情報も確認しておきましょう。 最近では寺院のお墓も宗教宗派を問わずに受け入れてくれるようになりましたが、それでも檀家になることは必要です。
お盆やお彼岸などといった墓参りをする時には僧侶にあいさつするなど関係を良好にしておく必要があります。日本国中に公園墓地が整備されてきており、中にはガーデニングのような美しいお墓もあります。
その一方で、寺院のお墓は寺院の境内に設置されており、その寺院の檀家のための墓地となります。公園墓地は宗旨や宗派に関係することなく、どなたでも申し込みをすることが出来ます。
施設も充実しており、緑地や開放感溢れる敷地の墓地が多く、かなり親しみやすくなっているのが特徴です。

LED電光看板おすすめ
http://led-pro.co.jp/effect/about.html



公営墓地は宗旨や宗派に関係ないブログ:190419

自分が親になった時は、
「親バカ」にはならないでおこう!
なんて思っていたのだが…

最近になって、
「親が親バカにならなかったら、
誰がこの子のためにバカになってくれるのか」と感じてから、
わたしは、堂々と親バカ宣言しはじめている。

というのも、
他人から見れば「なんや、この親バカ」というような、
親のお子様に対する見方が、
実はお子様のアイデンティティに
大きく影響(それも好影響)しているのではないか…
と思える様になってきたからだ。

小さなお子様がどんどん伸びる時、
それは褒められている時だ。

「教育の基本は褒める事」だと
確信しているわたしとしては、
お子様の事はどんどん誉める。

しかし、この褒めるという行為、
本気で「うぁ、すごい」と思っている時と、
「ほめておこうか」と義務的に言葉だけで言っている場合と、
お子様はその違いにすぐに気がつく。

つまり、
親が本気でお子様に対して、
「すごい!」と思っていないと、
なかなかお子様には伝わらない…

だからこそ、
この「親バカ」が
とっても大切になってくるのだ。

お子様の描く絵に
「この子は将来芸術家になるかもしれない」と思ったり、
音楽に対するノリが
「普通の子とはちょっと違う」と思ったり…

こういう気持ちは他人から見れば
プッと噴き出す感情かも知れないが、
わたしはその感情を隠さない。

わたしは自分の人生に関わりもなさそうな人に
「良識のある親」なんて思ってもらわなくて結構…

他人の評価なんて、
自分の人生をプラスに変える場合以外は、
気にしなくて良いのだ。

それよりも、
目の前にいるお子様が、
日々を生き生きと、
自己表現する喜びを感じながら育って欲しい!と思う。


このページの先頭へ戻る