ここではお墓以外への埋葬についてご案内しています。
許されていないお墓以外への埋葬

許されていないお墓以外への埋葬


許されていないお墓以外への埋葬
全国には数々の霊園があり、そしてお墓にも種類があり、これらは事前に基礎的な知識を持っておく必要があります。
間違った知識のままお墓探しをしてしまうと、後になって後悔をしてしまうことになるのでご注意ください。 日本が定めている法律では土葬をすることは確かに出来るのですが、様々な制限が必要となってきます。
一部の地域や特別な事情がある限りを除きまして、現在では土葬は現実的には困難と言えるでしょう。どこにでもお墓を建てられる分けではなく、地方自治体が許可をしている場所にしか建てることは出来ません。
また墓地経営は、自治体による公営か財団法人、そして宗教法人のいずれかでなければ認められていません。墳墓を設ける区域が「墓地」となり、これは「墳墓を設けるために、墓地として都道府県知事の許可を受けた区域」と規定されています。
法律によって「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない」と禁止されているのです。


賃貸事務所
http://new-of-search.jp



許されていないお墓以外への埋葬ブログ:181020

俺たち夫婦は、
若い時から親しい友人を何人も亡くしています。
しかも、突然であるケースが多かった…

ある日のこと。
俺たち夫婦は、
「黄泉がえり」という映画を家で観ました。

この映画は…
あるエリアで、その場所で亡くなった方が、
短い一定の期間だけ生き返って戻ってくる…というお話です。

戻ってきた人たちは、歓迎されたり、戸惑われたりしながらも、
亡くなる前に言い残したこと、やり残したことを伝え、行うために、
限られた時間を残された家族たちと過ごします。

そして、またこの世を去っていくのです。
残された家族や友人たちは、その最後のメッセージを胸に、
新しく人生を生きていこうとします。

当時の俺は、
この映画を納得して見終えることができませんでした。

それは、もし、亡くなった友人に同じことが起こったら、
また去っていく時に、あまりにも悲しすぎるじゃないか…と
思ったからです。

なぜだか、
ものすごく悲しくなって、この思いを奥さんに伝えたのです。

今思えば、
去っていった友人自身がやり残したことを思ったのではなく、
俺自身が彼らに伝え、
やってあげられなかったことへの後悔がそうさせていたのでしょう。

そんな俺に、
奥さんはこう言ったのです。

「死んだ人はね、けっして生き返ったりしないんだよ」

その言葉に、はっとしました。
奥さんだけではなく、奥さんにとっても、
同じように大切な友人達です。

こんな話をされたら、
奥さんだって友人を思い出して悲しくなります。
俺はそれを忘れて、自らの中ばかりを見て浸り込んでいたのです。

けれど、そんな俺に奥さんは、自分の悲しみをおさえて、
自分の中に浸り込むのと、
自分自身をきちんとみつめて、直面していることを受け入れること
とは違うことを伝えてくれたのでした。

許されていないお墓以外への埋葬

許されていないお墓以外への埋葬

★メニュー

許されていないお墓以外への埋葬
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」
土地を購入するワケではないお墓
石材店に対して支払うこととなる費用について
権利が剥奪されてしまうケースもある
霊園により値段の格差がある
公営墓地は宗旨や宗派に関係ない
お墓の継承と購入をするには税金が発生
一周忌に建てることが多い
亡くなった人を思ってお墓を建てる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)価格が知りたい!注目お墓情報